1. トップページ
  2. 製品検索
  3. シグネイチャー シリーズ
  4. SIGNATURE SERIES — STEVE GADD

SIGNATURE SERIES — STEVE GADD

VIC-SG /  1,800円(本体価格)

スティーブ・ガッドとの共同開発で生まれた究極のシグネチャーモデル。
シンバルサウンドを際立たせるバレルチップ仕様。
------------------------------------------------------------------------
■ サイズ:14.0×400mm
■ 材質:ヒッコリー
■ チップ:Barrel(樽型)
■ テーパー:Long(長い)

$sFeaturePhoto['title']

SIGNATURE SERIES "STEVE GADD" FEATURES

$sFeaturePhoto['title']

■ Length(長さ): 400mm / Normal (標準)

Length(長さ)は、チップからグリップエンドまでのスティック全長を指し、長さに応じて重さや重心位置が変わることにより、パワー、スティックスピードやリバウンドの感覚、そして楽器までのリーチなどに影響を与えます。

Normal (標準)は、楽器へのリーチやリバウンド具合、ストロークのしやすさ、そしてパワーや操作性などにおいて全てがバランスよく中間に収まる長さを持ったタイプ。

$sFeaturePhoto['title']

■ Diameter(太さ):14.0mm / Normal (標準)

スティックの太さとは、主にグリップ~ショルダー部までの太さ(直径)を指し、太さの違いによりスティックの重さやグリップ感が異なり、音色にも影響を与えます。

スティックの直径がラインナップ中、中間程度のものは、比較的幅広いドラマー層や様々なプレイスタイルに対応。細すぎず、太過ぎないスティックは、結果的にバランスよくホールドできることになり、スティックスピードも無理なく稼ぐことができ、加えてドラムセットの各パーツへの移動ショット時にも有利です。

$sFeaturePhoto['title']

■ Taper (テーパー)/ Long(長い)

テーパーはスティックのショルダーからチップの根本(ネック)までの形状を表し テーパーの長さや傾斜の違いによりスティックの重心が定まり、リバウンドの具合に大きな影響を与えます。

テーパーの長短でスティックの重心の位置が変わり、スティックのストロークやリバウンドに影響が出ますが、ロングテーパーと呼ばれるタイプは、テーパーエリアが長い、つまりスティックの先端に向かって多く削られていることになり、結果的に重心が手元のグリップエンドのほうに寄ってきます。スティックの先端が軽くなることにより、ストローク自体が軽くなり、リバウンドはゆっくり柔らかく跳ね返ることで、繊細なサウンドのコントロールがしやすいため、ジャズやコンサートモデルのスティックに多いテーパー形状となります。

$sFeaturePhoto['title']

■ Tip Shape (チップ形状)/Barrel(樽型)

チップはドラムヘッドやシンバルなどに直接触れる、スティックの中で最も重要なポイントで、主に大きさ(面積)、形状(角度)の違いにより音色やダイナミクス、リバウンドなどが変化し、奏法を通じて多彩な表現力を引き出します。

Round(球型)チップと比べて、縦に押し潰した俵のような形状で、「四角型」「樽型」ともいわれます。チップ側面がそれほど長くないため音の粒を揃えやすく、安定したサウンドや音色、そしてリバウンドの素直さを好む方向けです。接地面積がボールタイプに比べて広く、ドラムの打面に対して“面”で当てることができるので、音が太く、よりパワフルに鳴らしやすい特性を持っています。一方、平らな面と丸い面を使い分けることで、角度によって接地面積が異なり、響きに変化を与えることも可能。スティックコントロール次第で多彩な音色を引き出せます。

$sFeaturePhoto['title']

■ Material(素材)/ Hickory(ヒッコリー)

ドラムスティックに使用される素材は、ドラムやシンバル等を効率よく適切なダイナミクスで演奏できるもので、そして何より耐久性が求められます。そして、密度、しなりや感触、さらにはスティック自体の鳴りまで素材ごとに違いがあります。

VIC FIRTHのヒッコリーは北米を産地とし、高級家具にも使用されるように重硬な素材で強度に優れ、衝撃吸収力が大きい一方で、ドラムスティック素材としてはクリアで暖かみのあるサウンドを発揮し、適度な柔らかさとしなりをもつポピュラーな素材です。また緻密で弾性があり、手首のスナップが効きやすいことからプレイの際にコントロールがしやすく、重すぎず、軽すぎずクセがないことにより、様々なタイプの音楽にフィットするスタンダードな素材となっています。

Signature Series

Signature Seriesは、スティーブ・ガッドとの共同プロジェクトからスタートしました。あれから四半世紀以上、サウンドプロジェクションはもちろんその芸術性にも敬意をはらい、さまざまな音楽スタイルの最高級ドラマー達と幅広く研究を重ねてきました。Signature Seriesは、アーティストの感性をあなたの手にお届けします。
(素材はすべてヒッコリー)

 

 

ページの一番上へ