1. トップページ
  2. 製品情報
  3. Canvas Stereo Dual Line Isolator / D.I.(STEREO)

Canvas Stereo Dual Line Isolator / D.I.(STEREO)

WAL-CANV/S /  40,700円(税込価格)

個性を出さない まっさらなサウンドのD.I. box/Line Isolator

Canvas Stereoはあなたのサウンドをきれいなまま伝えることができるように設計されたダイレクトボックス/ラインアイソレーターです。Canvasとはまさに白いキャンバスであり、あなたの思い描くサウンドという絵の具をそのままの色で描くことができます。また、Canvas Stereoはモバイル性にも優れどこへでも持っていける音楽制作ツールです。
Canvas Stereoは、パッシブのライン・アイソレーター(LI)およびダイレクト・インジェクション(DI)デバイスであり、アンバランス信号をバランス信号に変換して、FOHのレコーディングインターフェースまたはミキサーと適切に接続します。ACS1のようなAmp in a boxを使用している場合、アコースティックギターやベースギターを直接ミキサーやインターフェースへ出力する場合、Canvas Stereoはあなたの新しい武器となるでしょう。

$sFeaturePhoto['title']

Direct Injection Mode

アンバランス信号で出力インピーダンス1,000Ω以上の高インピーダンスソース(エレキギター、ベースギターなど)を接続する場合は、DIモードを使用します。信号は-20dB(PADを使用した場合は-35dB)減少し、XLR出力に接続されたトランスを介してバランス信号に変換されます。ミキサーまたはプリアンプのゲインを使用して、信号をラインレベルまで上げます。

$sFeaturePhoto['title']

Line Isolator Mode

アンバランス信号で出力インピーダンス1,000Ω以下の低インピーダンスのソース(ACS1などのアンプ+キャビネットシミュレーター、シンセサイザーなど)を接続する場合は、LIモードを使用してください。 信号はフルボリュームのままで、XLR出力に接続されたトランスを介してバランス信号に変換されます。 LIモードでは必要なプリアンプゲインは少なくなります。

$sFeaturePhoto['title']

FEATURE

●フラットな周波数特性(20Hz〜20kHz)。
●SUMスイッチ:オフ(押していない状態)にするとL、Rそれぞれの入力がそれぞれスルーチャンネルにつながり、オン(押している状態)にするとが2番目のインプットに変わり、左右のスルージャック繋いでいづれかのスルージャックを使用して合わせて出力できるようになります。
●PADスイッチ:歪みを最小限に抑えるために、ホット信号を低減するための-15dB入力パッド(D.I.モードのみ)を有効にします。
●D.I./L.Iスイッチ: DI(ダイレクトインジェクション)モードとLI(ラインアイソレーター)モードのいずれかを選択します。
●GND Lift:XLRのGNDピンを分離して、ハムノイズが発生する場合にこれを除去することができます(通常時は使用しないでください)。

ページの一番上へ