1. トップページ
  2. About

About

Experience the Sound of Quality

アダムスの歴史は、1971年、創業者アンドレ・アダムスが金管楽器のリペアを始めた頃に幕を開けました。

音楽に対してただならぬ情熱を持っていたアンドレは、ヨーロッパのさまざまな楽器に触れながら職人としての経験を積むうちに、より深く興味を持っていた打楽器を自らの手で制作したいと考えました。

これが打楽器メーカーADAMSの原点となりました。アンドレは数多くのアーティストと出会い、共に仕事をするうちに、彼らの求める楽器のクオリティが音楽に重大な意味を持っていることを学びました。そして、彼らの高い理想に耳を傾け、緊密な信頼関係を築きながら、楽器の改良を重ねていったのです。

アダムスは今日、楽器のほとんど全てをオランダの近代的な工場で製作をしておりますが、パーツ一つ一つに至るまで徹底した検証を行っております。なぜなら、どんな細かいパーツでも最終的に音に大きな影響を与えるからです。ティンパニのフレームがケトルを同じように重要であると考えるからこそ、アダムスの楽器のクオリティが高いレベルで維持されているのです。

アダムスは楽器の開発、改良にさまざまなアプローチを行っておりますが、彼らはヨーロッパのいくつかの大学に協力を求め、その継承をするだけではなく、積極的に最新のテクノロジーを取り入れる姿勢に明確に表れています。アダムスはその美しいサウンドを画期的な設計で一躍打楽器のトップ・ブランドになりました。そして、世界のプレイヤーがアダムスの楽器を高く評価し、愛用し、素晴らしい音楽を創造しています。

音のクオリティを守り、より良い楽器を作ること。創業者であり、楽器づくりの有能なクラフツマンであるアンドレ・アダムスの情熱は、いつまでも引き継がれていくことでしょう。

Experience the Sound of Quality の概念

アダムスは楽器のサウンドクオリティに対して徹底的にこだわり、それが製品開発から生産・販売・サービスにいたるすべてに反映されています。そのサウンドクオリティに対するひたむきな姿勢やサウンドは世界中の一流プレイヤーから多くの支持を得ています。

そのサウンドクオリティの維持管理を図るため、オランダから日本国内に入荷後、専任スタッフが1台1台組み立てを行いパーツの細部に至るまで再度確認チェックを行っています。これは万全な状態でアダムスサウンドをお届けし、常にお客様にご満足いただける”サウンドクオリティ”の提供を目指すアダムスの願いがあるからです。

アダムスのサウンドクオリティへのこだわりは、見た目の美しさ以上に、プレイヤーの視点に立ち、楽器本来が持つ「良質な音」と「優れた機能性」を最優先に考え、絶えず探求し供給し続けることなのです。

これが ”Experience the Sound of Quality ”というアダムスの概念となっています。

ページの一番上へ