Elegante Primo

  1. トップページ
  2. Products
  3. Elegante Primo

軽やかで柔らかく、そして艶やかに。吹き込むほどに優雅な銀の響きを実感できるモデル。

シルバーの魅力をより体感したい方に、コストパフォーマンスに優れた管体銀製のプリモシリーズ。ハンドメイドと同じ頭部管Vivoを採用した、豊かな音量と響きが魅力的なモデルです。

頭部管はあらゆる音域で豊かな音量を発揮し、バランスの良い吹奏感と幅広いダイナミックレンジが特徴のVivoを標準装備。一般的に出しづらいと言われる3オクターブ目のEの音を出しやすくする効果があるEメカニズムを標準装備しています。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider


エレガンテプリモ・サウンドイメージ

ハンドメイドフルートと同一の頭部管、Vivo採用

頭部管はVivoを採用しています。 より豊かな音量とバランスの良い吹奏感、幅広いダイナミクスレンジを誇ります。カーヴドテーパーの特徴が良く表れた、吹きやすさと表現力の絶妙なバランス。まさに新しい時代のパールフルートのスタンダードな頭部管です。

Eメカニズムは標準装備

一般的に出しづらいと言われる第3オクターブ目のE(ミ)の音を出しやすくするためのメカニズムです。

一本芯金 One-piece Core-bar (※フルート全モデルに採用)

フルートを使い込むにつれ、Aキィ(Aisレバー)の動きが悪くなったというトラブルをよく耳にしますが、これはB♭キィ(左手中指)を酷使することによって生じるものです。またフルートのメカニズムは、F#キィのとなりにあるメイン・ポストにおいてとりわけ傷みやすいものです。パールの”一本芯金”は上のC#(左手人差し指)からメイン・ポストに至るまで、一本の芯金を通すことによってそのトラブルを解消。その結果、メカニズムの信頼性が高まり、感触もよく、さらには調整、メンテナンスなどがスムーズに行えるようになります。これはまさに、フルートの進化を促した画期的な改良と評価されています。

ピンレス・メカニズム Pinless Construction (※全モデルに採用)

“ピンレス・メカニズム”は19世紀半ばに誕生したベーム式フルートのメカニズムを初めて改良し洗練させた重要な技術革新として知られていますが、実は、このシステムが”一本芯金”と併用されることにより、完璧なメカニズムを完成させることができたのです。ピン打ちを行う伝統的なフルートの構造では、連動するキィ・メカニズムのパーツをつなぐため、キィ・シャフトに穴をあけますが、これがキィ・シャフト自体を弱めてしまう結果となります。しかも、汗の侵入を許してしまい、管を酸化させるなどのトラブルを発生させ、腐食やキィの曲がりを促してしまうのです。パール独自の”ピンレス・メカニズム”では、ブリッジ機構を加えることによってこれらの問題を解決し、メカニズム全体に強度を与えました。そしてフォルセット・スクリュー(芯金止めネジ)をキィ・システムの下からねじ込むことにより、メカニズムへの汗の侵入を防いでいるのです。

エレガンテ・プリモ/管体銀製Ag925仕様価格
品番リング/カバード足部管Eメカニズムトーンホール税込価格税抜価格
F-EP925/E(オフセット)カバードC足部管標準装備ドローン(引き上げ)¥330,000¥300,000
F-EP925/RE(インライン/オフセット選択可)リング

●管体銀製Ag925・キィメカニズム洋銀製(銀メッキ仕上げ)●頭部管:Vivo標準装備●ピッチA=442Hz ●ケース(C足部管:FL-SL)付き●ケースカバー( C足部管:TFB-25S) 付き ●2021年4月1日現在


Back to Top